総合診療科

一般歯科審美歯科小児歯科予防歯科

一般歯科

虫歯の治療 レジン・インレー充填等の修復処置、
神経を取る等の歯内療法(根管治療)
補綴処置 クラウン・ブリッジ・義歯(入れ歯)
歯周処置 スケーリング(歯石除去)・クリーニング、
簡単な歯周外科、その他
外科処置 抜歯等簡単な手術
その他の処置 スポーツ用マウスガードの製作など

義歯の取り扱い説明書 >>click
抜歯後の注意 >>click
根の治療中の注意 >>click

審美歯科

ホワイトニング、クリーニング、ポーセレンラミネート、オールセラミックスクラウン、セラミックスインレー、レジン充填(歯冠色の詰め物)

ホワイトニングは歯をもっと白く、きれいにしたい方にオススメです。

■ ホワイトニングとは

ホワイトニング(歯の漂白)とは、きちんと清掃していても生活する中で自然に着色してしまう歯ブラシなどでは除去することのできない歯の内部に取り込まれた色素(タンパクなど)を歯科専用のホワイトニングジェルで分解、除去し、歯を白くする方法です。

以下の方にオススメです。
@もっと歯を白く、きれいにしたい方
Aもっと若々しい歯の色を取り戻したい方
Bなるべく削らないで歯を白くしたい方
Cご結婚の予定のある方
D接客業や営業職

※重度テトラサイクリンによる変色や金属材料の影響による変色。妊産婦、授乳中の女性。無カタラーゼ症の方は禁忌症となっておりお勧めできません。

■ オフィスとホーム

ホワイトニングには、オフィスとホームの2種類があり、名前で示すようにオフィスは、歯科医院で行うもの、ホームは患者さん自身が自宅で行うものです。

■ オフィスホワイトニング(低刺激で術後の知覚過敏にもなりにくい)

歯科医師もしくは歯科衛生士が担当しますが、術者が清掃した歯面にリアクターを塗布後、混合したオフィスホワイトニングジェルを塗り、その上から可視光線を当て、漂白してゆきます。

薬剤はGC社製のティオンオフィスで可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)の応用により、比較的低い過酸化水素濃度(約23%)での高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。pHは約6.0であり、歯質を脱灰する恐れはありません。他のオフィスホワイトニング材より低濃度の過酸化物を用い、また低いpHを用いることなく効率よく還元反応を生じさせ、安全かつ効率的に有機性の汚れ、着色物を分解して歯面を漂白します。術後の知覚過敏による不快事項がまずみられません。

光照射はLED光照射器コスモブルーを使用しています。通常のレジン重合用光照射器に比べ全顎に対して同時に短時間で操作を終えることが可能であるため患者さんにとってとても都合の良い機械と言えます。

  

オフィスホワイトニング材一式とLED光照射器

■ ホームホワイトニング(自宅で出来る)

あらかじめ当院で作製した患者さんのお口に合ったマウストレーにホームホワイトニングジェル(主成分:10%過酸化尿素)を注入し、鏡を見ながらお口に挿入します。保持時間は一回1時間ないし2時間それを1週間から2週間行います。

ホームホワイトニング材一式

■ 当院でお勧めしているホワイトニングのコース

スケーリングのあとエアフロー(グリシンまたは重曹パウダーの吹きつけ)を行い歯面清掃し、オフィスホワイトニング1回のあと、ホームホワイトニングを行うパターンです。
歯によってはホワイトニングされにくい場合もありますが、身近にできる歯の審美的回復として人気があります。歯を傷めるのではないかという心配をもたれる患者さんがいらっしゃいますが、それほど歯をいためることはありませんので、心配ありません。


※上記写真はホワイトニングの一例です。各個人の歯の状態により、治療結果には差異があります。

小児歯科

Tell Show Do(話して・見せて・治療)を使った、子どもの治療
咬合検査も実施しています。

予防歯科

唾液検査等の虫歯リスク、歯周病リスクの検査
KaVo DIAGNOdentの使用で高い精度で歯を削る必要の有無を判断できます。

歯科衛生士によるブラッシング指導、歯のクリーニング(PMTC)
シーラント・フッ化物塗布による予防を行ないます。